忍者ブログ
らーばもす
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第4回目?くらいランク戦 1/10~1/23
シルバー
×○○○○○×○×○ ○○○○××○○
ゴールド
××○×○ ○○○○○×○○○○ ○○×○×○○×○○ ×○○○×○○○○○

計43戦29勝 勝率67% というわりと好成績で今回はキング達成できた!




今回使ったのはこちら 《龍脈に棲む者》ビート
BOXリセットで運よくスタンピング2枚、龍脈3枚手に入れられたのででけた。
その代わりガーラン、シーホース、グラール、黒ペンあたりはまったく引けずだが・・

このデッキの強みはなんといっても、流行の《銀幕の鏡壁》をスタンピングで割れること。
そして下級ラインとしては永続1枚で龍脈が2000と恐竜を上回れる点。
さらにメインアタッカーの龍脈、豆、ドルドラのすべてが☆3なので四つ星も対策。
弱点は守備の低さ。イタクァ、クリボーエネコンで寝かされると弱し。
龍脈とタッグする永続魔法は、《強欲なカケラ》《ワンダー・バルーン》《勇気の旗印》
の3枚を採用。強欲は単純にアドを取れ、場合によってドローせずに維持して使える。
バルーンと旗印はどちらも一長一短。
バルーンは1捨てで恐竜王国を擬似無効化でき、相手ターンに強いが手札消費が大きい。
旗印は手軽に使えるが、効果量が薄く守りが弱い。
どっちもどっちだったのでどっちも入れて使ってみた。どっちも結構活躍した。

環境トップメタと思しき3デッキに対しては
恐竜竜崎:スタンピングで王国を割れれば、打点負けしないのでほぼ勝ちモード
     突撃指令を使わせても下級同士なのでアド勝ちできる
海梶木:先攻守備でだされたヒゲアンコウ守備1800を龍脈+永続1枚で突破できる強み。
    大波小波ダイダロスはキツイが、海もスタンピングで割れるので相性悪くもない。
寄生羽蛾:進化の繭2枚で蟲笛対策 相手側にも進化の繭の可能性が高いので、
    永続2枚か《勇気の旗印》を張って龍脈で殴りたい。
    パラサイドを引いた場合や、呪魂対策に死のマジックボックスが有効。
    場に余った繭を押し付けて、フィニッシュダメージを狙いにいくのも可能。

銀幕対策にトラップジャマーの採用率も上がっているため、それを腐らせる狙いも。
イタクァは場合によっては召喚時に使えば徹底したプレイができる。
アタッカー不足で魔法が多かったのでケルベロスも入れておいた。




絵面はなかなかひどい。

今回当たったデッキをゴールド帯で絞って、勝ち数/対戦数を実際見てみると
恐竜4/8 スキャンペガサス0/2 海梶木5/5 寄生3/4 白竜儀式 3/3
ブラマジ 0/1 ドラゴン海馬 1/2 狩場ハーピィ1/1 スリカエキース 3/3 リシドバーン1/1
龍脈ミラー 1/1 グッドスタッフ? 2/3  他コンセプト不明 

負けたのが黒・魔・導で全部吹っ飛ばされたパターンと、
双頭だされて対抗策が来なかったパターン、寄生相手に繭が初手に両方来てしまったなど
最上級モンスター相手には黄泉船とマジックボックスくらいしか有効手がないので、苦戦。
ただ他の下級を倒しながら場を持たせてカケラでドロー加速はできるので、
マジックボックスで打開できたケースが何度かあった。

恐竜はやはりシンプルに強いので、負けるときは負けるが5分の勝負ができて満足。
こちらのライフ2850で伏せカードある時に迷わずフォースで恐竜片方吸収し、
片方突撃素材にして決めに来た相手は、あの思い切りの良さは凄かった。
スキャンはそこまで影響はないはずだが、ペガサスはやり込み勢なのかなんか強かった。

思ったより色んなデッキと当たって、多様性のある環境で面白い。
comments**
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 65 - 64 - 63 - 62 - 61 - 60 - 59
prev  top next
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[07/12 plm]
[07/12 エレン]
[07/10 plm]
[07/09 エレン]
[09/15 エレン]
[09/12 plm]
プロフィール
HN:
plm
性別:
非公開
最新TB
ブログ内検索
バーコード
広告エリア
PR
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]