忍者ブログ
らーばもす
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

-アルティメット・ライジングの時代-
初期デッキではほぼ攻撃力で殴り合いが主であり、モンスターの比率が高く《青眼の白龍》がほぼお互いデッキに入っていたため、
最初のパックで手に入る《徴兵令》が非常に強力に働いていた。
相手に引かせるリスクはあれど、上級モンスターを奪えるリターン、
下級であれど召喚権を使わずモンスターを場にだし、生贄確保するでも良かった。

この時期は《カラテマン》1Killなどというものが流行し、世間を震撼させた。
《財宝への隠し通路》で直接攻撃能力を付加し、
《閃光の双剣-トライス》の攻撃力ダウンをカラテマンの効果で打ち消し、
ATK2000×2のダイレクトアタックで4000LPを削りきる、というもの。
序盤は相手の攻撃を防げるカードに乏しく、
全てのコンボパーツがレアリティR、Nだけで組めたために猛威を振るった。
これを止めるには、URの《クリボール》やSRの《ツイスター》などが挙げられる。

他には、霊使いシリーズが鉄壁の防御性能を誇った。
闇遊戯の開幕《闇》フィールドを張るスキルによって、守備は1700に。
下級最高攻撃力のUR《アックス・レイダー》でも突破できず、
永続魔法《カオスシールド》を張ることで非常に突破が難しい相手となった。

そして、この頃自分が使っていたのは《ムカムカ》デッキ。
城之内のLP増強αをつけ、先攻なら相手の攻撃をあえて受け手札を温存したり。
手札4枚でATK1800となるので下級としてはかなり優秀だった。
また、《死の4つ星てんとう虫》に引っかからない《ドラゴンゾンビ》も主力の一体。
LP増強αはカラテマン1Killも防ぐことができたので、流行にも対応し戦績はまずまず。

他にも、先攻で《マーダーサーカス》を伏せ、
次ターンバウンスからトライスでワンキルを狙うデッキなんかも作っていた。
闇状態ならマーダーサーカスはATK1550となり、残りLPは2450、
トライスで2回攻撃するとして1225、500ダウンを見越すと1725以上の攻撃力のモンスターであればワンキルが成立する。
当時では闇込みで《ガーゴイル・パワード》かカラテマンくらいであったが。
LPが少ないため、バウンスがかなり強力な効果になっていた。

ライトユーザーも多く、ランク戦でデュエルキングになるのも簡単だった時代。



comments**
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 65 - 64 - 63 - 62 - 61 - 60 - 59 - 58 - 57 - 56 - 46
prev  top next
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[07/12 plm]
[07/12 エレン]
[07/10 plm]
[07/09 エレン]
[09/15 エレン]
[09/12 plm]
プロフィール
HN:
plm
性別:
非公開
最新TB
ブログ内検索
バーコード
広告エリア
PR
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]