忍者ブログ
らーばもす
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

-エイジ・オブ・ディスカバリーの登場-
俗にいう海パック。水系モンスターが大幅に強化され、梶木使いが一気に増えた時代。
目玉URは《海竜-ダイダロス》。《ヒゲアンコウ》《大波小波》などのサポートにより
最上級モンスターを一気に場に出す戦術が広まった。

しかし脅威は、ダイダロスだけではなかった。
《風魔神-ヒューガ》《水魔神-スーガ》《雷魔神-サンガ》...三魔神の出現である。
三魔神には「攻撃モンスター1体の攻撃力を0にする。」という隠された効果があり、
除去カードに乏しいLP4000環境では、非常に突破が難しいモンスターとなった。

同パックより入手可能な《道連れ》《黄泉へ渡る船》を使えば効果破壊が可能であるが、
魔神を守備でセット状態のままにされたら、これらも使いようがない。
"魔神対策"をしないと、魔神をだされただけで勝ち筋がなくなるという環境となった。

また、キャラスキルで闇遊戯が《闇》、海馬が《山》、梶木が《海》…
といった具合なのに、ダイナソー竜崎のスキルが何故か《ジュラシックワールド》なせいで
恐竜が下級ビートダウン界隈を制圧していた。

《金色の魔象》の融合素材《メデューサの亡霊》と《ドラゴン・ゾンビ》や
《紅陽鳥》の融合素材《スカイハンター》と《セイントバード》は一長一短のバランスだが
フィールドなしでも《二頭を持つキング・レックス》《屍を貪る竜》の基本ステは高く
《ブラキオレイドス》の融合召喚も可能といいことづくめだった。

《突撃指令》を用いれば魔神も難なく突破できるため、
竜崎恐竜と梶木スーガ・ダイダロスの二強的な環境となった。



この時期使っていたのは愛用していたのはピラニアデッキ。
マンボウウツボなどで戦うふりをして、相手のLPが圏内に入ったらピラニアでガブリ!
呪魂との相性が良く、魔神の動きを封じつつピラニアですり抜けることができた。
《マジックアーム・シールド》もシナジー。呪魂状態の魔神を奪って盾にできる。




もう一つは、《ウェポンサモナー》主体にした闇デッキ。
魔法使い攻守1600という優れたステータスで、サーチ効果持ち。
自身が風属性で、地属性の《ナチュル・ガーディアン》を手札に加えられる。
2体が揃えば《エレメント・デビル》の効果をフル活用できる。
先攻サモナーとアポピス伏せ、次ターンサモナーリバース、デビル召喚が最速陣形。

リバースモンスターでは《デスハムスター》も追加されており、
四つ星、黄泉船と凶悪な伏せモンスターも多いため、それらによく刺さった。

連続攻撃とフォース・メタル化の相性も抜群。
comments**
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 65 - 64 - 63 - 62 - 61 - 60 - 59 - 58 - 57 - 56
prev  top next
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[07/12 plm]
[07/12 エレン]
[07/10 plm]
[07/09 エレン]
[09/15 エレン]
[09/12 plm]
プロフィール
HN:
plm
性別:
非公開
最新TB
ブログ内検索
バーコード
広告エリア
PR
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]